果物ついて


さくらんぼ


栽培品種 「佐藤錦」「紅秀峰」

収穫時期6月中旬〜6月下旬ごろ


桜桃(おうとう)真っ赤な果実は「赤い宝石」とも呼ばれています。

気温の寒暖差が大きい福島県北地区は、桜桃「さくらんぼ」の栽培に適した里です。

伊達農園では、甘味が強く、程よい酸味のある果実を作るため、土作り、樹木の管理を一年をかけ丁寧に行っています。

非常にデリケートなさくらんぼは、収穫前に毎年新しい雨除けの屋根(ビニールテント)を張り果実を雨から守り、高品質で色づきが良くなるよう大事に育てています。



栽培品種 「暁星」「あかつき」「川中島白桃」「黄金桃」など

収穫時期7月中旬〜9月上旬ごろ


福島の代表的な果物と言えば「桃」。全国第二位の 生産量を誇ります。

その中でも、福島県 伊達市は 明治10年ごろから桃の栽培が行われ明治29年から30年にかけ本格的に栽培が行われた福島における「桃栽培の発祥の里」として知られています

開花の時期はピンクの花が咲き乱れ

7月から9月まで、「もも一色」になり、まさに桃の里です。

美味しさのヒミツは、 冬は寒く夏は暑い、 福島盆地の特有な環境を活かし徹底管理されながら大切に育てられているからです。

是非、福島の桃を食べて見てください。


西洋梨


栽培品種「ゼネラル・レクラーク」

収穫時期10月下旬〜12月下旬ごろ


西洋梨の香り・とろける果肉。

ゼネラル・レクラークは、フランス・パリ近くのノーブロ苗木商会と、アンジェにある国立農業試験場によって1950年に発見されました。

果皮は黄色の地色にさび状果点が多くみられ、果肉は、蜜で軟らかく多汁で芳香が良く、他の西洋なしにはない酸味を持っており、甘酸のバランスがたいへん良くとれております。

この味に感動し栽培し続けています。